リオ・ファーディナンド
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2016/04/27(水) 23:06:57.16

元マンチェスター・ユナイテッドDFのリオ・ファーディナンド氏は、
プレミアリーグ優勝に王手をかけたレスター・シティを称賛しながらも、
古巣の本拠地オールド・トラフォードで優勝が決まることは望んでいないと話している。

日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターは、
いよいよ優勝決定まであと1勝に迫った。

残り3試合で1勝すれば優勝であり、
最速なら5月1日に行われるアウェーでのユナイテッド戦が優勝決定戦となる。

ファーディナンド氏としては、レスターの優勝決定はもう少しだけ先延ばしにしてほしいようだ。
イギリス『トークスポーツ』で同氏は次のように語った。

「オールド・トラフォードで決まることにはならないよ。
自分たちのグラウンドで別のチームが優勝するのは良い気分ではないね。
でもどこで勝ったとしても、今年の彼らには優勝の資格があるよ」

「レスターは今季のベストチームだった。本当によく団結したチームだ。
本当によくまとまっていて、チーム内に良いスピリットがあることが感じ取れると思う」

今季から就任したクラウディオ・ラニエリ監督がチームを躍進させたが、
昨季までチームの率いたナイジェル・ピアソン前監督の仕事も評価されるべきだとファーディナンド氏は語った。

「基礎を作っていたという意味で、ピアソンも称賛されるべきだと思う。それは忘れてはならないことだ」

「多くのクラブでは不要とされるような選手たちを集めて、本当にうまく組み合わせることができた。
『自分たちにはクオリティーがある、あとは長所を発揮できる適切な環境だけが必要だ』ということを周囲に示したんだ」

GOAL 4月27日(水)19時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000026-goal-socc

続きを読む