2017年 4月 の投稿一覧

【サッカー】ベンゲル解任論過熱か?低調アーセナルがクリスタル・パレスに完敗、トップ4陥落が現実味

アーセナル
1: 名無しさん 2017/04/11(火) 07:29:43.66

[4.10 プレミアリーグ第32節 クリスタル・パレス3-0アーセナル]

 アーセナルは10日、プレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスのホームに乗り込み、0-3で敗れた。
これにより、アーセン・ベンゲル監督の解任論が過熱するかもしれない。

 前節ウエスト・ハムに勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした5位アーセナルは、同じ11人を起用し、16位クリスタル・パレス戦に臨んだ。
予想に反して、立ち上がりから攻め込まれ、前半9分のMFモハメド・エルネニーの決定機をGKウェイン・ヘネシーのファインセーブに防がれると、
17分に先制を許す。PA右からMFウィルフレッド・ザハが折り返したボールをMFアンドロス・タウンセンドに右足で流し込まれた。

 厳しい立ち上がりとなったアーセナルは、FWアレクシス・サンチェスを中心に反撃を開始するが、攻めあぐねる場面が目立つ。
後半15分には、MFアーロン・ラムジーとFWオリビエ・ジルを投入したが、
直後の18分にザハの折り返しをMFヨアン・キャバイエに決められ、点差を2点に広げられた。

 低調なパフォーマンスが続くアーセナルは後半22分、タウンセンドを第3GKエミリアーノ・マルティネスが倒してしまいPKを献上。
これをMFルカ・ミリボイェビッチに決められ、まさかの3失点目を喫した。
最後の交代カードでMFアレックス・オクスレード・チェンバレンを入れたが、最後までクリスタル・パレスの守備を崩せないまま、
0-3でタイムアップを迎えた。
『ESPN』によると、アーセナルはボール支配率72%、シュートは相手より6本少ない11本に終わり、枠内には3本しかいかなかった。

 この敗戦により、アーセナルは6位に転落。4位マンチェスター・シティとの勝ち点差が『7』に広がり、
1995-96シーズン以来、21シーズンぶりのトップ4陥落に現実味が帯びてきた。
ベンゲル監督は新たに2年契約を結ぶと報じられているが、サポーターからの解任要求が過熱することは間違いないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-01638640-gekisaka-socc
最終更新:4/11(火) 7:27

続きを読む

【サッカー】グアルディオラがシーズン開始1週間で気づいたマンチェスター・Cの問題点とは?

ジョゼップ・グアルディオラ
1: 名無しさん 2017/04/09(日) 17:43:36.90

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はチームの大きな問題に最初の1週間で気づいたという。

マンチェスター・Cは2016-17シーズン、チャンピオンズリーグ出場権獲得を狙える位置につけている。
しかし一方で、首位のチェルシーとは大きな勝ち点差があり、プレミアリーグ優勝は現実的ではない。
タイトルを争えなかった要因をグアルディオラは「エリア内での決定力が十分でない」ためと考えているが、
シーズン最初の週、すでに兆候に気づいていたという。

「チャンピオンズリーグの予選におけるステアウア・ブカレスト戦で6-0の勝利を納めたが、あの試合は12-0であるべきだった。
我々は2つのPKを失敗し、たくさんのチャンスを逃した。
本戦出場を決めるのが一番のターゲットだったから嬉しかったが、その後の戦いで、
本当に良い試合ができないと試合に勝てないとわかったんだ。
我々はチャンスを作れるが、ゴールを決めることについては問題があった。
特にビッグゲームで、我々は悪くなかったが十分ではなかった。正直になる必要がある。プレミアのタイトルを争うには力が足りない」

それでもグアルディオラは「(敗れた)チェルシー戦後はがっかりした。しかし、改善するために取り組んできたことを見ることもできた。
だから今シーズンを楽しめている。そしてまだやるべきことは残っているよ。
チャンピオンズリーグはとても大事で出場権を獲得できれば成功だと個人的には考えている。
それにFAカップも残っているしね」と、リーグ戦のタイトルは絶望的であっても前向きに残りのシーズンを戦う意向を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000020-goal-socc

続きを読む

【サッカー】ジェコが今季公式戦33得点目! ローマ&ラツィオ、コッパを前にそれぞれ勝利/セリエA

エディン・ジェコ
1: 名無しさん 2017/04/02(日) 15:34:59.58

イタリア・セリエAは現地時間1日(以下現地時間)に第30節の2試合が行なわれ、2位ローマは17位エンポリに2対0と勝利。
4位ラツィオは15位サッスオーロに2対1で競り勝ち、2日後のコッパ・イタリア準決勝で対決する両者がそれぞれ白星を挙げた。

 ローマは12分、CKからリューディガーがフリックしたボールをジェコが押し込み先制する。
その後、56分にもサラーが頭で折り返したボールにジェコが詰めて追加点。
ローマはホーム戦15試合で14勝と、本拠地オリンピコを要塞化している。

 なお、この日2ゴールを挙げたジェコは今季公式戦33得点、リーグ戦では23点を挙げて得点ランクトップを走っており、
キャリアハイペースでゴールを積み重ねている。

 そのジェコは「及第点の試合だった。たぶん、僕らの気持ちはもうダービーの方に向いていたんだろう。
でも、僕らは本分を尽くし、勝ち点3を得た。コッパではファーストレグの0対2をひっくり返さなくてはならないから、難しい。
でも僕らには力がある」と語っている。

 敵地に赴いたラツィオは26分にPKを与えて失点。しかし、42分にインモービレのゴールで同点に追い付くと、
83分には相手のオウンゴールで逆転し、チャンピオンズリーグ(以下CL)出場圏内浮上に向け、貴重な勝ち点3を獲得した。

 これにより、CL圏内の3位ナポリに暫定ながら3ポイント差と迫ったラツィオ。
ナポリは翌日、首位ユヴェントスと対戦するが、試合後、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督は「ユヴェントスを応援するかって? 
2日後にはローマとの難しいダービーがあるからほかの試合を真剣には見ないよ。
ナポリのことを考えるのは、水曜以降だ」とコメント。
4日のコッパ準決勝セカンドレグに集中していると話した。(STATS-AP)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000015-ism-socc

続きを読む