2017年 11月 の投稿一覧

【サッカー】<ドルトムント>ボス監督、次戦負ければクビ!独紙ビルト報じる…

ドルトムント
1: 名無しさん 2017/11/29(水) 18:52:25.61

ドルトムントは12月2日に直近9試合連続無敗のレーバークーゼンと対戦、敗れた場合はピーター・ボス監督は今度こそおしまいだとみられている。29日に独紙ビルトが報じた。

 代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケは「目標は欧州CL直接出場権だ。それが揺さぶられるようなことはあってはならない。どんなことがあってもだ」と明言。ビルト紙の情報によると来季に向けてホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督をリストアップしているようだ。

 だが、ボス監督の低迷が続くようだと、バッツケは緊急プランを講じねばならず、アルミン・フェーがその候補に挙がっているようだ。オフィシャルな話し合いはまだない。だがフェーの名前は候補リストの上位に挙がっているという。

11/29(水) 18:02配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00065073-nksports-socc

写真

続きを読む

【サッカー】FIFA公式サイトがW杯出場32ヶ国を紹介。日本の「スター選手」に選ばれたのは・・・?

20171129-00243765
1: 名無しさん 2017/11/29(水) 19:21:40.45

11/29(水) 19:04配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171129-00243765-footballc-socc

国際サッカー連盟(FIFA)は、来年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場することが決定した32ヶ国の代表チームを紹介するスライドショーを28日付で公式サイト上に公開した。

 ロシアW杯の予選は今月16日までに全日程を終了し、本大会に出場する全32ヶ国が出揃った。日本代表も、1998年大会での初出場から6大会連続6回目となる出場権を獲得している。

 FIFAによるチーム紹介では、各国のW杯出場歴や監督プロフィールに加えて、「スター選手」一人を選んでいる。また、予選の戦いの中でハイライトとなった得点ひとつを選んで動画を掲載した。

 日本代表の「スター選手」に選ばれたのは、サウサンプトンに所属するDF吉田麻也。「(14年、18年の)2大会のW杯の戦いで日本を支えてきた選手の一人。2012年五輪代表のキャプテンであり、セットプレーの強さを活かして得点でも貢献する」と紹介されている。

 アジア予選の中から選ばれたゴールは、今年8月31日のオーストラリア戦でMF井手口陽介が決めたミドルシュート。スコアを2-0とし、日本代表の勝利とW杯出場権獲得をほぼ決定づけたゴールだった。

続きを読む

【サッカー】レスター地元紙が岡崎の先発固定を要求「岡崎をもっと信頼すべき」「我々は何回も言っていただろ?」

レスター
1: 名無しさん 2017/11/30(木) 11:23:29.33

11/30(木) 10:32配信
Football ZONE web

ピュエル体制下5試合で先発は2回 トットナム戦の活躍を受けて提言

 レスター・シティのFW岡崎慎司は、現地時間28日のプレミアリーグ第14節トットナム戦(2-1)で3試合ぶりに先発出場した。得点こそなかったものの2トップを組んだFWジェイミー・ヴァーディの“最高の相棒”と称される活躍を披露。英地元紙「レスター・マーキュリー」は「オカザキをもっと信頼すべき」と報じている。

 岡崎は10月に就任したクロード・ピュエル監督の下で5試合中4試合に出場。そのうち先発は2回に止まっている。9節までに4得点を挙げていたが、新体制ではまだゴールがない。

 岡崎がスタメン落ちした際にピュエル監督の采配に疑問を呈するなど、“侍ストライカー”を高く評価するのが現地紙「レスター・マーキュリー」だ。トットナム戦の働きを受けて、岡崎を「今でもヴァーディの最高の相棒」と称した同紙は、「ピュエルが今よりも信頼すべきなのはシンジ・オカザキだ。以前から我々は何回も言っていただろう?」と記して、岡崎の重要性を改めて主張している。

「前任者であるクラウディオ・ラニエリやクレイグ・シェイクスピアのように、ピュエルもこの日本代表をメンバーに加えずにプレーする方法を探している。そして、ラニエリやシェイクスピアのように後で痛い目に遭うことになるだろう。(岡崎が)ピュエルに見せたトットナム戦のパフォーマンスは見事だった。これまでよりもエネルギッシュで、岡崎がいたほうがユニットが機能している」

「5回のタックルは誰よりも多かった」

 記事では、岡崎スタメン時のほうがチームとしての機能性が高いと絶賛されている。2015-16シーズンにプレミアリーグを制覇したラニエリ元監督やシェイクスピア前監督も、岡崎をスタメンから外すことが多かったが、その後にヴァーディと岡崎のコンビへと原点回帰していた。

 トットナム戦で見せた「5回のタックルはピッチ上の誰よりも多かった」と献身的な働きぶりにも触れ、ヴァーディに多くのチャンスを供給していた点も特筆されている。現地メディアではチームに欠かせない存在と認められている岡崎だが、ピュエル監督の信頼をつかみ、レギュラーポジションを確保することができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171130-00010003-soccermzw-socc

続きを読む

【サッカー】<酒井宏>3点目アシスト!メス川島との日本人対決を制し、マルセイユが2位に浮上

マルセイユ
1: 名無しさん 2017/11/30(木) 05:41:15.99

リーグ1は29日に第15節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地で日本代表GK川島永嗣所属のメスと対戦し、3ー0で勝利した。リーグ戦2試合ぶりに先発した酒井はフル出場し、9月17日の第6節・アミアン戦(2-0)以来となる今季2本目のアシストを記録。川島は4試合ぶりの先発復帰となった。

 マルセイユは26日の第14節・ギャンガン戦(1-0)からスタメンを4人変更。DFロランド、酒井、MFアンドレ・ザンボ・アンギッサ、MFルーカス・オカンポスを起用し、4-2-3-1の布陣を並べた。一方、1勝12敗1分で最下位のメスはフレデリック・アンツ新監督体制以後も流れは変わらず。前節・アミアン戦(0-2)から先発を7人変更し、4-3-3の布陣で5試合ぶりの得点を目指す。

 メスは前半2分、FWルノー・コアドがPA左から中央にパスを送り、FWエマヌエル・リビエールが押し込むがオフサイドの判定。隙を見せたマルセイユだったがその後は怒涛の攻撃を仕掛け、同7分には酒井が右サイドの突破を見せた。

 前半18分にマルセイユが先制する。右サイドでMFフロリアン・トバンがボールを奪取しそのままドリブル突破。PA右から切り返して左足シュートを放つと、川島は右手先で触れるがセーブできずにゴール左隅に突き刺さった。

 メスは前半29分に川島が好セーブを見せる。FWコスタス・ミトログルがPA左に入り込むが、川島は冷静に構え続けてミトログルの左足シュートを右手で防ぎ切る。しかし前半36分、川島は守り切れずに再びマルセイユが追加点。右CKから再三の攻撃を仕掛けると、トバンが右サイドから左足クロスを放ってファーサイドのMFルイス・グスタボへ。グスタボは冷静に足下に収めると、左足で押し込んで2-0とした。

 後半から少しペースを落とすマルセイユだが後半26分、酒井のアシストから3点目が決まる。PA手前でボールを持った酒井はトバンとのワンツーからPA右を突破。マークを2人引き付けて中央に折り返すと、オカンポスが右足でゴール右隅に押し込んで3-0とリードを広げた。

 4位のマルセイユは3-0で2連勝達成。2位・リヨンと3位・モナコが敗れたため、勝ち点3を積み上げたマルセイユが2位に浮上した。メスは5試合連続の無失点で2連敗。順位は最下位のままとなっている。

【スコア】
メス 0-3 マルセイユ

【得点者】
0-1 19分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
0-2 36分 ルイス・グスタヴォ(マルセイユ)
0-3 72分 ルーカス・オカンポス(マルセイユ)

11/30(木) 4:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00675854-soccerk-socc

11/30(木) 4:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-01646918-gekisaka-socc

写真

続きを読む

【サッカー】W杯メンバー入りを懸けた日本代表発表! 鹿島とG大阪から6名、初招集5人が選ばれる

20171129-00675114
1: 名無しさん 2017/11/29(水) 14:27:16.27

11/29(水) 14:20配信
W杯メンバー入りを懸けた日本代表発表! 鹿島とG大阪から6名、初招集5人が選ばれる

 日本サッカー協会(JFA)は29日、EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 同大会では海外組は招集できず、今回招集された全員が国内組である。大会は12月9日の初戦を皮切りに、16日まで3試合行われる。

 日本代表は9日に北朝鮮代表と、12日に中国代表と、16日に韓国代表と対戦予定である。

 発表された23名のメンバーは以下のとおり。

■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)
権田修一(サガン鳥栖)

■DF
▼サイドバック
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
西大伍(鹿島アントラーズ)
山本脩斗(鹿島アントラーズ)
初瀬亮(ガンバ大阪)

▼センターバック
三浦弦太(ガンバ大阪)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)

■MF
井手口陽介(ガンバ大阪)
三竿健人(鹿島アントラーズ)
今野泰幸(ガンバ大阪)
清武弘嗣(セレッソ大阪)
大島僚太(川崎フロンターレ)
高萩洋次郎(FC東京)

■FW
杉本健勇(セレッソ大阪)
金崎夢生(鹿島アントラーズ)
伊東純也(柏レイソル)
阿部浩之(川崎フロンターレ)
倉田秋(ガンバ大阪)
小林悠(川崎フロンターレ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00675114-soccerk-socc

続きを読む

【芸能】<平愛梨に真野恵里菜も!>芸能人がサッカー選手に惹かれる理由…芸能界の美女たちにサッカー選手はモテモテ!

news.livedoor
1: 名無しさん 2017/11/28(火) 22:23:38.87

ハロー!プロジェクト出身の女優の真野恵里菜(26)が、来年のサッカーW杯ロシア大会の日本代表入りを目指すスペイン・1部リーグヘタフェの柴崎岳(25)と真剣交際していると一部スポーツ紙で報じられた。

記事によると2人は共通の知人を介して知り合い、1年ほど前に交際に発展。約1万キロ離れたスペインと日本を互いに行き来して愛を育んできたそうで、結婚を視野に入れた真剣交際だという。

「女優としての活動が軌道に乗ってきた真野だが、柴崎が今後も海外で活動するとなると全面的なバックアップが必要。いずれ仕事をセーブするか、やめるか選ばなければならないだろう」(芸能プロ関係者)

このところ、芸能界の美女たちにサッカー選手はモテモテだ。

グラドルの丸高愛実(27)は昨年12月、J1・C大阪の柿谷曜一耦(27)と結婚。タレントの平愛梨(32)は今年1月にイタリア・セリエA・インテルの長友佑都(31)と結婚し第1子を妊娠中。モデル・グラビアの両方で活躍する「モグラ女子」として今年ブレークした泉里香(29)は今年9月、J1・F川崎の谷口彰悟(26)と交際していることが報じられている。

収入的には国内のチームにいればプロ野球選手よりも格段に安いサッカー選手。それでもテモテな理由とは?

「昔のJリーガーといえば、派手に遊び歩いている印象でした。しかし試合も練習もプロ野球に比べれば格段にハードなので、今の日本代表クラスの選手はストイックなのです。浮気の心配もあまりないので、交際相手としては安心できると思われているのでしょう。プロ野球選手に比べて海外挑戦の夢が近く、女性のバックアップでその夢をかなえられるのも魅力だと思われます」(スポーツ紙記者)

2017年11月28日 14時0分 女性自身
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13952095/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/c/4c3df_1212_9ce34ec29ec002ce9333556883ff4f80.jpeg

続きを読む

【サッカー】岡崎先発 レスターがトッテナム下し4戦ぶり勝利

レスター
1: 名無しさん 2017/11/29(水) 08:03:58.60

レスター、4戦ぶり勝利はトッテナムから…岡崎は先発出場/プレミアリーグ第14節
Goal

岡崎は献身的な守備で勝利に貢献。風向きは変わるか。

■プレミアリーグ第14節 レスター 2-1 トッテナム

レスター:バーディー(13分)、マフレズ(45分)
トッテナム:ケイン(79分)

プレミアリーグ第14節が28日に行われ、レスター・シティとトッテナムが対戦した。

3試合勝利がないレスターは岡崎慎司がスタメン。一方のトッテナムはハリー・ケインがスタメンで、長期離脱を強いられていたエリック・ラメラがベンチ入りしている。

試合はスーパーゴールでスコアが動く。13分、マーク・オルブライトンが左サイドでボールを持つと、右足で裏へと送る。これを抜け出したジェイミー・バーディーがダイレクトでシュート。ボールはGKウーゴ・ロリスの頭の上を越え、ネットに刺さった。

さらに前半終了間際、カウンターからリヤド・マフレズがカットインすると、得意の左足でファーへと流し込み、レスターがリードを2点に広げる。

後半に入ると、ペースはよりトッテナムの方へと傾く。ソン・フンミン、フェルナンド・ジョレンテ、ラメラと攻撃的な選手を続けざまに投入すると、交代策が実る。79分、ソン・フンミン、ラメラとつなぐと、最後はケインがゴール右からニアを豪快に射抜き、ついに1点を返す。

しかし、その後はカスパー・シュマイケルを中心にレスターがゴールにカギをかけ、トッテナムはあと一歩のところでスコアをタイにはできず。レスターが前半のリードを守りきり、4試合ぶりの勝利を手にした。先発出場した岡崎は83分までプレーしている。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/leicester/pyg1q50ptqsr1lgobyx6xngb9

続きを読む

【サッカー柴崎岳との噂はガセだと判明】桐谷美玲、2年連続FIFAクラブW杯キャスターに就任!「世界一の大会の感動と緊張感を皆さんに」

W杯キャスター
1: 名無しさん 2017/11/29(水) 05:30:25.13

日本テレビは12月6日に開幕するFIFAクラブワールドカップUAE2017のキャスターに桐谷美玲さんが就任したことを発表した。桐谷さんがキャスターを務めるのは昨年大会に続いて2度目。

 桐谷さんはキャスター就任に際し、以下のようにコメントを寄せている。

「昨年に続き、クラブワールドカップのキャスターを務めさせていただくことになり、とても光栄に思います。プライベートでも、会場に応援に行っていた大好きな大会なので、嬉しいです。昨年は日本の鹿島アントラーズとスター軍団のレアル・マドリードが決勝で対戦するという大興奮の試合をお伝えすることが出来ました。あの会場の空気、そして感動と興奮は今でも忘れられません」

「今大会は昨年に続き、ヨーロッパ王者としてレアル・マドリードが出場しますし、北中米王者・パチューカには本田圭佑選手もいるので、とても楽しみです。そしてアジア王者として浦和レッズが出場するので、是非世界一に向けて頑張ってもらいたいです!世界一の大会の感動と緊張感を、
皆さんにお伝えできるように精一杯頑張ります!」桐谷さんは趣味でサッカー観戦を挙げるほどのサッカー好きで、出身地・千葉県が本拠地のジェフユナイテッド千葉の試合を観戦に行くなどしている。

 日本テレビは同大会を日本テレビとBS日テレで生中継予定となっている。

【大会/放送スケジュール】
・12月6日
【M1】開幕戦<BS日テレ 25:30~>
アルジャジーラ(開催国王者)vsオークランド・シティ(オセアニア王者)

・12月9日
【M2】準々決勝<BS日テレ 21:30~>
パチューカ(北中米カリブ王者)vsウィダード・カサブランカ(アフリカ王者)

【M3】準々決勝<日本テレビ(関東ローカル) 25:11~/BS日テレ25:00~>
【M1】勝者vs浦和レッズ(アジア王者)

・12月12日
【M4】5位決定戦<BS日テレ 22:50~>
【M3】敗者vs【M2】敗者
                 
【M5】準決勝<日テレ系全国ネット 25:39~>
南米王者(11月29日決定)vs【M2】勝者
                  
・12月13日
【M6】準決勝<日テレ系全国ネット 25:39~>
【M3】勝者vsレアル・マドリード(ヨーロッパ王者)
                  
・12月16日
【M7】3位決定戦<日テレ系全国ネット 22:54~>
【M6】敗者vs【M5】敗者
                 
【M8】決勝<日テレ系全国ネット 25:35~>
【M6】勝者vs【M5】勝者

http://news.livedoor.com/article/detail/13954462/

続きを読む