ブンデスリーガ

【サッカー】今後数年もバイエルンの“一人勝ち”? ギュンドアンがブンデスに言及

ブンデスリーガ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2018/02/13(火) 17:58:21.29

今シーズンもバイエルンが首位を独走しているブンデスリーガ。2位ライプツィヒとの差は18ポイントで、史上初となるバイエルンの6連覇が確実視されている。

 バイエルンが“一人勝ち”状態にあるブンデスリーガについて、マンチェスター・Cのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが言及した。同選手はスイスメディア『Blick』のインタビューに応じている。

 バイエルンと他クラブとの間にあまりにも大きな戦力差があることから、ブンデスリーガについて「退屈過ぎる」、「ブンデスリーガよりもプレミアリーグのほうが面白い」といった意見も出始めている。

 かつてニュルンベルクやドルトムントでプレーしていたギュンドアンも「ブンデスリーガでは試合中に起きる出来事が少なすぎる。ほとんどのチームが、自分たちでアクションを起こすことよりも確実性やミスをしないことを重視している」と指摘。ブンデスリーガを退屈にしている要因の一つについて、自身の考えを明かした。

 またギュンドアンは、バイエルンの首位独走が続いている状況について「バイエルンは数十年にわたって高いクオリティーを維持しているし、他のクラブが今後数年のうちに彼らを抜くのは難しいと思う。それに比べると、プレミアリーグでは優勝を狙えるチームがいくつかあるから、バランスが取れているね」とコメント。今後も数シーズンはバイエルンの独走が続くと予想している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714752-soccerk-socc

続きを読む

【サッカー】<新加入バチュアイがデビュー戦で2発!>香川真司フル出場のドルトムントが4戦ぶり白星

バチュアイ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2018/02/03(土) 06:41:56.41

ブンデスリーガ第21節が2日に行われ、FW大迫勇也所属のケルンとMF香川真司所属のドルトムントが対戦した。大迫は風邪のためメンバー外、香川は公式戦9試合連続でスタメンに名を連ねた。

 リーグ戦4試合ぶりの勝利を目指すドルトムントは15分、ペナルティエリア内で仕掛けたアンドレ・シュールレが倒されたが、ここはノーファウルの判定。さらに中央にこぼれたボールを香川が左足で狙ったが、シュートはクロスバーの上を叩いた。

 試合が動いたのは35分。左サイドに展開したドルトムントは、ジェレミー・トリアンがスピードに乗ったドリブルでゴールライン際まで運び、マイナスに折り返す。このボールをゴール前に走り込んだミシー・バチュアイが左足ダイレクトでゴール左に蹴り込んだ。今冬の移籍市場でドルトムントに加入したバチュアイがデビュー戦で早速、結果を残した。

 ドルトムントは44分、エリア手前中央で受けた香川が左を駆け上がったトリアンにスルーパス。トリアンの折り返しをバチュアイがダイレクトで合わせてネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリーによってオフサイドと判定され、追加点とはならなかった。

 後半に入り60分、ケルンは自陣で奪ったボールを素早く攻撃につなげると、攻め上がったドミニク・ハインツがミドルシュート。ここはGKに弾かれたが、こぼれ球をシモン・ツォラーが頭で押し込み、試合を振り出しに戻した。

 直後の62分、ドルトムントは高い位置でボールを奪うと、エリア内右に抜け出したバチュアイがGKの股下を抜くシュートでネットを揺らし、すぐさま勝ち越しに成功。しかし69分、右CKにホルヘ・メレがヘディングで合わせ、ケルンが再び同点に追いついた。

 その後は互いに勝ち越しを目指して一進一退の攻防が続く。迎えた84分、ドルトムントがカウンターを仕掛け、香川、バチュアイ、シュールレとパスを繋ぐ。エリア内右まで持ち込んだシュールレが右足を振り抜くと、DFに当ってわずかにコースが変わったボールがネットに突き刺さり、ドルトムントが三度リードを奪った。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが3-2で勝利。リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。香川はフル出場で勝利に貢献した。

 次節、ケルンは10日にアウェイでMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルト対戦。ドルトムントは同日にDF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
ケルン 2-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 35分 ミシー・バチュアイ(ドルトムント)
1-1 60分 シモン・ツォラー(ケルン)
1-2 62分 ミシー・バチュアイ(ドルトムント)
2-2 69分 ホルヘ・メレ(ケルン)
2-3 84分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11046048

2/3(土) 6:25配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00710552-soccerk-socc

72: 名無しさん 2018/02/03(土) 07:15:31.26

バチュアイはチェルシーに戻った後にバイエルンが強奪するパターンだろ

【サッカー】<ドルトムント>規律違反のオーバメヤンにもはやお手上げ!「何を考えているのか分からない」

オーバメヤン
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2018/01/15(月) 18:51:38.03

ボルシア・ドルトムントは14日に行われたブンデスリーガ第18節ヴォルフスブルク戦に向けてFWピエール=エメリク・オーバメヤンをメンバーから外した。ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は試合後にクラブの決断を説明している。

ドルトムントはヴォルフスブルク戦の直前に公式ツイッターで、オーバメヤンに規律違反のため、制裁処分を課したことを発表。ドイツ『スカイ』で試合前にこのことについて聞かれたペーター・シュテーガー監督は、13日に参加が義務付けられていたチームミーティングに現れなかったことを明かし、「集中していない」ことを理由に出場停止処分を言い渡したと説明した。

また、0-0で終わった試合後、ツォルクSDは次のように語った。

「彼は以前から目立った存在であったし、多少外向的な性格でもあった。いつも模範的な働きを見せ、規律やプロ精神を持って仕事に臨んでいた。それが現時点では見えない」

「昨日は練習のあと、みんなで集まって食事をとってから、大事なチームミーティングが行われた。今日の試合に限らず、行動規範、チームとしての目標などについて話すためにね。だが、彼はそこに現れなかったんだ」

「今日彼と非常に厳しく話をし、この試合は出場停止にする決断を伝えた。もちろん罰金処分も課すことになる。それは当然だ」

オーバメヤンは、これでトーマス・トゥヘル、ピーター・ボス、そしてシュテーガー監督の下でクラブより出場停止処分を言い渡された。

「今までのことも考慮しなければいけない。このような誤った行為は初めてではないのでね。現在、彼が何を考えているのか分からない。今の彼は私が知る彼ではない、と正直に認めなければいけない」

もちろん、チームにとってオーバメヤンの得点能力は大きい。だが、同SDはクラブが何よりも重要だと強調している。

「プロ精神が問われるところだ。最も大事なのは、クラブとその目標だ。我々はすべての行動をそれを基準に取っている。それらを危うくするわけにいかない」

「我々のゴールやアシストの約5割は彼によるもの。それも見なければいけない。だが、あのような行為は、いつまでも許してはいけない」

1/15(月) 14:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000013-goal-socc

写真

続きを読む

【サッカー】シャルケのドイツ代表MFゴレツカ、契約延長せずバイエルン移籍へ ビルト報じる

1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2018/01/03(水) 23:21:20.71

ゴレツカのバイエルン移籍は「まだ決断していない」

1/3(水) 18:57配信

日刊スポーツ

ホッフェンハイムから1300万ユーロ(約17億6000万円)の移籍金でバイエルン・ミュンヘン入りしたサンドロ・ワーグナーは、
ロベルト・レバンドフスキのバックアップとしての役割を期待されている。
3日の独紙ビルトによると、ユップ・ハインケス監督は
「ここ数年非常にポジティブな成長を遂げ、代表選手にもなった。我々を助けてくれると思う」とコメントした。

また、スポーツビルト誌の情報によると、シャルケのレオン・ゴレツカがクラブとの契約を延長せずにBミュンヘンへ移籍するという。
Bミュンヘンのハインケス監督はゴレツカについて「いい選手。気に入っている。素晴らしい成長を遂げた」と話し、
移籍については「まだ待たなければならない。正しくは、彼の代理人(イェルク・)ノイバウアーは『まだ決断していない』と言っていた」としていた。

アシスタントコーチのペーター・ヘアマンはシャルケ時代に仕事をしていた。
同監督は「彼はシャルケで一緒にやっていた。しっかりとしたインテリジェンスのある選手に違いない。
何が自分にとってベストかしっかりとわかっている」と話していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00092038-nksports-socc

続きを読む

【サッカー】<ドルトムントが決断!>ポス監督の解任を発表!後任にケルンの監督を解任されたばかりのシュテーガー氏が就任

ドルトムント
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/10(日) 20:36:16.27

ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督(54)の解任を発表した。後任にケルンの監督を解任されたばかりのペーター・シュテーガー氏が就任する。

ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕が評価され、今季からドルトムントの指揮官に就任したボス監督。ブンデスリーガでは開幕7戦無敗(6勝1分)で首位につけていたが、第8節ライプツィヒに今季初黒星を喫すると、9日のブレーメン戦も1-2で落とし、泥沼の8戦未勝利(3分5敗)。この結果、首位バイエルンと勝ち点13差となってしまった。

さらにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)では、レアル・マドリー(スペイン)、トッテナム(イングランド)という強豪クラブと同居したものの、4敗2分の白星なしでグループリーグ終え、3位でヨーロッパリーグにまわることとなった。

低迷するドルトムントの再建を任されたのは、今月3日にケルンを解任されたばかりのシュテーガー氏だ。これまでオーストリア・ウィーンなどを指揮し、2013年夏に当時2部だったケルンの監督に就任すると、翌シーズンに1部昇格を成し遂げ、今季でクラブ史上最長となる5季目の指揮を執っていた。

12/10(日) 20:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-01647437-gekisaka-socc

写真

続きを読む

【サッカー】<ドルトムント>ボス監督、次戦負ければクビ!独紙ビルト報じる…

ドルトムント
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/29(水) 18:52:25.61

ドルトムントは12月2日に直近9試合連続無敗のレーバークーゼンと対戦、敗れた場合はピーター・ボス監督は今度こそおしまいだとみられている。29日に独紙ビルトが報じた。

 代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケは「目標は欧州CL直接出場権だ。それが揺さぶられるようなことはあってはならない。どんなことがあってもだ」と明言。ビルト紙の情報によると来季に向けてホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督をリストアップしているようだ。

 だが、ボス監督の低迷が続くようだと、バッツケは緊急プランを講じねばならず、アルミン・フェーがその候補に挙がっているようだ。オフィシャルな話し合いはまだない。だがフェーの名前は候補リストの上位に挙がっているという。

11/29(水) 18:02配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00065073-nksports-socc

写真

続きを読む

【サッカー】ドルトムント、ボス監督続投を決断…13試合で2勝も後任見つからず

ドルトムント
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/27(月) 13:38:05.87

ドルトムントがピーター・ボス監督の続投を決めたようだ。『ビルト』などドイツ各メディアが報じている。

ドルトムントはここまで不振に喘いでいる。クラブワーストの成績でチャンピオンズリーグ・グループステージ敗退が決まると、25日に迎えたシャルケとの
ダービーでも4点リードから追いつかれる大失態。公式戦ここ13試合でわずか2勝となっている。

しかし、後任が見つからなかったことを理由に続投が決定的となったようだ。クラブのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは26日に行われたミーティングの結果を以下のように語っている。

「皆が思っているとおり、非常に悪い状態だと感じている。こんなシーズンは経験したことがないが、問題は特別な解決法がないということだ。
指揮官が今週あらゆることを精査し、問題を取り除くという期待を持っている。すぐに正しい道に戻る必要がある」

次節は12月2日にレヴァークーゼンと対戦するドルトムント。長いトンネルから抜け出すことはできるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000061-goal-socc

続きを読む

【サッカー】ドイツ、ブンデスリーガ:ゲッツェ、足首負傷で前半戦絶望…代謝障害から復帰し今季リーグ戦10試合に出場[17/11/28]

ゲッツェ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/28(火) 10:54:28.60

ゲッツェ、足首負傷で前半戦絶望…代謝障害から復帰し今季リーグ戦10試合に出場
2017年11月28日(Tue)7時40分配信 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2017/11/28/post243407/

ボルシア・ドルトムントのマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】

公式戦6試合連続で勝ちがないボルシア・ドルトムントに更なる試練となりそうだ。

現地時間27日、ドルトムントは公式ツイッターで同クラブに所属するドイツ代表MFマリオ・
ゲッツェが右足首靭帯の部分断裂をしたと発表した。全治は約6週間でリーグ前半戦での復帰は絶望的となった。

ゲッツェは現地時間25日に行われたブンデスリーガ第13節ホームでのシャルケ戦に先発出場したが相手選手と交錯し同箇所を負傷し78分に途中交代した。

25歳のゲッツェは今年2月に“代謝障害”と診断されチームから離脱してしまい昨季公式戦わずか16試合の出場にとどまった。それでも今季はプレシーズンからチームに帯同し開幕戦でスタメン出場を果たすとこれまでリーグ戦10試合に出場していた。

現地時間12月2日に行われるブンデスリーガ第14節のレバークーゼン戦では靭帯帯断裂の怪我でリハビリ中のMFマルコ・ロイスをはじめシャルケ戦で退場となったFWピエール=エメリク・オーバメヤンも出場停止ため試合には出られない。そこに復調してきたゲッツェの欠場はチームにとって大きな痛手になりそうだ。

続きを読む