Jリーグ

【サッカー】<ポドルスキ(ヴィッセル神戸)>天皇杯準決勝欠場!「本人はかなりがっかりしてる」クラブは本人と毎日連絡

ポドルスキ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/20(水) 18:58:12.02

J1神戸の元ドイツ代表ポドルスキが左内転筋のけがのため、C大阪との天皇杯全日本選手権準決勝(23日・ヤンマースタジアム長居)を欠場することが20日、分かった。

天皇杯準決勝に向けた治療のため、ドイツに帰国したが、3週間の安静が必要と診断された。相田強化部長は「本人はかなりがっかりしている」と明かした。

 ポドルスキは12月2日、清水とのリーグ最終節で負傷し、検査、治療のため母国に戻っていた。クラブ側と相談し、来年1月1日の決勝に進んでも来日を見送り、リハビリに専念することにした。再合流は早ければ1月中旬ごろになるという。

 ポドルスキは今夏の加入後、2トップの一角で起用されたが、神戸は16日の関西学生選抜との試合で4-3-3のシステムを採用した。

吉田監督は「オプションの一つ」としたが、ポドルスキを欠く天皇杯準決勝に向け、準備を進めていた。(有島弘記)

12/20(水) 18:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000014-kobenext-socc

ドイツに帰国中のヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキ(32)が天皇杯を欠場することが決定した。左内転筋を負傷しており、23日準決勝には出場できず、勝ち進んだ場合も、来年1月1日の決勝に間に合わない。20日、相田強化部長が明かした。

 リーグ戦で負傷したポドルスキは準決勝出場を見据えて、5日にドイツに帰国したが、3週間の安静が必要と診断された。クラブは、本人や母国のドクターと毎日連絡を取っており、経過も把握しているという。今後もドイツで治療に専念し、早ければ1月中旬にチームに合流する。

https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/201712200000404_m.html?mode=all

続きを読む

【サッカー】<元日本代表FWの鈴木隆行さん>水戸で引退試合へ 「愛される監督」目標に

鈴木隆行
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/20(水) 06:02:37.16

来年1月13日にケーズデンキスタジアム水戸で引退試合を行う元サッカー日本代表FWの鈴木隆行さん。
1995年にJ1鹿島でプロサッカー選手として歩みはじめ、J2水戸などを経て2015年にJ2千葉で現役引退した。21年間の現役生活や今後の人生について聞いた。 (報道部・岡田恭平)

-プロ生活を始めた鹿島で得たものは。

鹿島はとにかく練習から100パーセントの力を出し切り、一切手を抜くことがない。それをみんながやっていた。若い頃から鹿島でやっていたことで、その姿勢が身に付いた。

-一度はアメリカのクラブで現役引退を決めた2011年、東日本大震災で被害のあった水戸に加入した。

水戸は足りないことがたくさんあった。自分が少しでもプレーしたり、チームメートにアドバイスすることで成長させられればと思っていた。プレーするチャンスをもらうことができ、やはりプレーするのが一番楽しいと感じた。サポーターには最初から受け入れてもらい、ありがたい環境だった。地元チームに入って良かったと思った。

-現在の鹿島をどう見ているか。

サッカーだけでなく、しっかりとしたクラブ(運営)であることを継続して守っている。「昔は良かったけど…」ということがなく、一貫していいチームであり続けているのはうれしいこと。

-水戸については。

予算が少なく苦しい経営の中でも、しっかりとしたチーム運営をしている。これからも成長しないといけないし、J1に上がるクラブになってほしいと常に願っている。

-引退試合への思いは。

2年越しだが、これで選手として区切りを付ける。次はプロの監督という夢に向かって進んでいく。

-豪華なメンバーがそろう。

日本代表で一緒に戦った選手たちとはもう一度、最後にプレーできればと思っていた。水戸選抜も苦しい時期を一緒に戦った選手とまたサッカーをしたいので集まってもらった。

-どんな試合を見せたいか。

公式戦と同じように全力でプレーし、サッカーの楽しさを見せたい。(自身は)FWなので得点は取りたい。

-指導者として現在取り組んでいることは。

東京のチームで幼稚園生から中学1年生までを1日4時間、週5回指導している。中学生以下の選手にいかに理解させ、動かすかというのは非常に勉強になっている。

-理想の指導者像は。

時代に合ったサッカーを教えられること、そして選手に思いやりがある愛される監督になりたい。

■鈴木隆行(すずき・たかゆき)
1976年6月5日生まれ。日立市出身。日立・泉丘中-日立工高卒。1995年に鹿島に加入。以降CFZド・リオ(ブラジル)、市原(現千葉)、川崎、ゲンク(ベルギー)、
ゾルダー(同)への期限付き移籍を経て、2006年にレッドスター(当時セルビア・モンテネグロ)に完全移籍。その後は横浜M-ポートランドティンバーズ(米国)-水戸-千葉でプレーした。

日本代表では02年W杯日韓大会で初戦のベルギー戦で得点を挙げるなどし、16強入りに貢献した。国際Aマッチ55試合出場、11得点。J1通算108試合出場17得点、J2通算は128試合24得点。
現役引退後はプロの監督を目指し、来年2月にJリーグで監督を務めるために必要な資格である公認S級コーチに認定される見込み。

写真

続きを読む

高木純とは何者?「Jリーグ東京V引退」

高木純
1: 名無しさん 2017/12/08(金) 22:19:35.76

J2の東京Vは8日、DF高木純(35)が今季で現役を引退すると発表した。J1では清水、札幌、山形でプレーし、リーグ戦通算147試合で5得点。J2では札幌、東京Vに所属してリーグ戦通算79試合で2得点。高木純は「とても幸せな17年間だった。サッカーから学び経験したことを生かし、これからも精いっぱい頑張りたい」との談話を出した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120800990&g=scr

【東京V】平本一樹、高木純が現役引退を表明

12月8日、平本一樹と高木純がクラブを通じて現役引退を表明。9日、クラブの公式イベント『MJS presents クリスマスサッカー教室2017』に参加したふたりを多くのサポーターが待ち受け、別れを惜しんだ。
「最後はサポーターのみんなに胴上げまでしてもらって、ほんとうれしかった。ここでは自分の人間的な部分もきちんと見てもらえたのかなと思います」
高木純は晴れやかな笑顔を浮かべる。
「気持ちはスッキリしています。ただ、現役を振り返ると、後悔ばかりですね。なぜ、あのとき――。たくさんの悔いが残っている。頂点を極めた人間以外、そうなってしまうのは仕方のないことかもしれませんが」

http://j-ron.jp/20171210_t.php

続きを読む

【サッカー】2017Jクラブ賞金総額1位は川崎で22億8800万円!暫定2位鹿島12億3130万、3位C大阪9億1000万+α、4位浦和7億7320万+CWCの賞金

2017Jクラブ賞金総額
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/07(木) 03:19:01.74

川崎が悲願のJ1初優勝で今季賞金総額22億円超え! 連覇逃した鹿島は2位の総額12億円

■3位はルヴァン杯優勝&リーグ3位のC大阪で総額9億円を獲得
 J1リーグ全34節が終了し、川崎フロンターレが逆転で初優勝を飾った。天皇杯やクラブワールドカップは残っているものの、
ここまで終了したJリーグ、ルヴァンカップ、スーパーカップ、AFCチャンピオンズリーグを基に、Jクラブが獲得した賞金をチェック。
新設の理想強化配分金や均等分配金なども踏まえて総額などを見ていく。まずJクラブに支払われる各大会の賞金、配分金などは以下の通りだ。

【J1リーグ】
優勝 3億円 川崎
2位 1億2000万円 鹿島
3位 6000万円 C大阪

【J2リーグ】
優勝 2000万円 湘南
2位 1000万円 長崎
3位 500万円 名古屋

【J3リーグ】
優勝 500万円 秋田
2位 250万円 栃木

【理想強化配分金(新設)】
優勝 3年総額15億5000万円 川崎
2位 3年総額7億円 鹿島
3位 3年総額3億5000万円 C大阪
4位 3年総額1億8000万円 柏

【均等分配金】
J1クラブ 3億5000万円(1クラブにつき)
J2クラブ 1億5000万円(1クラブにつき)
J3クラブ 3000万円(1クラブにつき)

【ルヴァンカップ】
優勝 1億5000万円 C大阪
2位 5000万円 川崎
3位 2000万(1クラブにつき) G大阪・仙台

【ゼロックススーパーカップ】
優勝 3000万円 鹿島
2位 2000万円 浦和

【ACL】(優勝3億3600万円+パフォーマンスボーナス+出場賞/試合補助金除く、1ドル112円換算)
浦和 4億320万円
川崎 3800万円
鹿島 3130万円
G大阪 670万円

 大会が残っている天皇杯とクラブワールドカップは除き、ここまで賞金と配分金などを含めた総額最多はJ1初優勝を飾った川崎の22億8800万円。
続いて連覇を逃してリーグ2位の鹿島アントラーズが12億3130万円、ルヴァン杯優勝のセレッソ大阪が9億1000万円とトップ3を占める。

 浦和レッズはACL優勝で3億3600万円に加え、グループステージのパフォーマンスボーナスや出場賞を含めて、総額は4位の7億7320万円。
ACL出場のガンバ大阪が3億7670万円、ルヴァン杯ベスト4のベガルタ仙台が3億7000万円と上位に食い込んだ。

Football ZONE WEB 2017.12.02 (Sat) 文:編集部
http://www.football-zone.net/archives/81815

(※現時点で賞金総額4位の浦和はクラブW杯の成績次第では鹿島を抜いて2位に浮上する可能性もあります。
天皇杯でベスト4に進出したC大阪は既に900万円を獲得しており、3位なら2000万円、準優勝なら5000万円、優勝なら1億5000万円の賞金を獲得できます(下記参照))

(>>2-5あたりに、関連情報など)

続きを読む

【サッカー】<Jリーグ全57チーム>「平均入場者数ランキング」 “高い動員力”を誇ったのは?

入場者
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/04(月) 22:57:13.74

J1からJ3リーグまで全カテゴリーの2017年度リーグ戦が終了した。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得したヴィッセル神戸は、ホーム戦での年間入場者数が31万625人(1試合平均1万8272人)でクラブ史上最多を記録。各クラブでも多くの入場者を集めるなどJリーグを盛り上げた。今回は各カテゴリーの1試合平均入場者数とともに、Jリーグ全57チーム全体をランキング化し、上位クラブも見ていく。

【一覧リスト】2017年Jリーグ全57チーム「1試合平均入場者数ランキング」
http://www.football-zone.net/archives/81883

 まずはJ1リーグから見ていこう。今季J1の1試合平均入場者数は「1万8883人」。この平均ラインを超えたのは8チームのみ。浦和レッズ(3万3542人)は全体57チーム中でもトップに立ち、唯一3万人を超える人気を誇った。

 平均を超えたその他の7チームは、全体で2位のFC東京(2万6490人)、3位横浜F・マリノス(2万4766人)、4位ガンバ大阪(2万4277人)、5位川崎フロンターレ(2万2112人)、6位アルビレックス新潟(2万2034人)、7位セレッソ大阪(2万970人)、8位鹿島アントラーズ(2万467人)と続く。

 J2の平均入場者数は「6970人」で、平均を超えたのは8チーム。J2最多は名古屋グランパス(1万5365人)となり、全体で12位となった。それ以外の7チームは、全体で17位松本山雅FC(1万2146人)、21位ジェフユナイテッド千葉(9983人)、22位アビスパ福岡(9550人)、23位ファジアーノ岡山(9471人)、24位湘南ベルマーレ(8454人)、25位大分トリニータ(8063人)、26位FC岐阜(6977人)となっている。

J3で“平均超え”は7チームのみ

 最後にJ3の平均入場者数は「2613人」。平均超えは7チームで、J3最多のギラヴァンツ北九州(5939人)は全体で33位だった。その他の6チームは、全体で35位栃木SC(5147人)、39位AC長野パルセイロ(4256人)、44位SC相模原(3657人)、45位鹿児島ユナイテッドFC(3508人)、46位カターレ富山(3159人)、47位アスルクラロ沼津(3029人)と続く。

 各カテゴリーの平均入場者数を上回ったのは、J1で8チーム(18チーム中)、J2で8チーム(22チーム中)、J3で7チーム(全17チーム中)だった。各リーグ内において、それぞれ高い観客動員力を誇ったと言っていいだろう。

12/4(月) 19:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00010017-soccermzw-socc

続きを読む

【サッカー】<清水エスパルス>小林監督解任へ!…後任にはポポヴィッチ氏やチェ・ヨンス氏らリストアップ

清水エスパルス
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/05(火) 06:16:32.09

清水が小林伸二監督(57)と来季の契約を結ばず、事実上、解任することが4日、関係者への取材で分かった。5日にもクラブから正式発表される。

 過去に大分、山形、徳島をJ1に導いた“昇格請負人”の小林監督は、クラブ初のJ2リーグに臨んだ16年に1年でのJ1復帰を託され就任。同年に25勝9分け8敗で2位の成績を残し、J監督史上最多となる4クラブ目のJ1昇格を果たした。

 2年目の今季は1桁順位を目標に掲げたが、相次ぐ負傷者の影響もあり、サッカースタイルが安定せず苦戦。クラブワースト2位タイのリーグ9戦勝ちなし、クラブワーストタイのホーム7連敗、クラブワーストとなる5試合無得点を記録するなど成績不振に陥り、2日の最終節まで残留争いに巻き込まれた。

 クラブは当初、残留すれば続投の方針だったが、8勝10分け16敗の14位に終わった手腕を疑問視する声が上がり、解任に踏み切った。

 後任にはFC東京などを指揮したオーストリア出身のランコ・ポポヴィッチ氏(50)、磐田などでプレーし、母国・韓国のFCソウルなどを率いた崔龍洙(チェヨンス)氏(44)らがリストアップされている。

12/5(火) 5:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000005-spnannex-socc

写真

【清水】続投方針急転!小林伸二監督を解任 後任は外国人指導者リストアップ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000265-sph-socc

続きを読む

【サッカー】<疑惑の判定にアビスパ福岡の駒野も怒!> 千金アシスト幻に「映像見た。オフサイドじゃない」

アビスパ福岡
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/12/03(日) 22:50:20.88

◆J1昇格プレーオフ決勝 名古屋0-0福岡(3日・豊田スタジアム)

 虎の子になるはずだった1点が幻と消え、福岡の元日本代表DF駒野も珍しく語気を強めた。

【写真】巨大な人文字でアビスパのJ1昇格を後押し

 0-0のまま迎えた後半は押され気味になったが、同13分、自身が右サイドからアーリークロス。ゴール前でエースのウェリントンが頭で合わせ、ネットを揺らしたが、無情のオフサイドが宣告された。

 結局スコアレスドローで、規定により年間上位の名古屋の昇格が決まった。試合後、駒野は「(試合の)後で映像を見てもオフサイドではなかった。終わったことなのでどうしようもないけど…」と渋い顔。ファウルの基準も含め「こういう大事な試合で(レフェリーが)向こう寄りになったのが悔しい」とこぼした。

 ビデオ検証を実施していない以上、微妙な判定も競技の一部とは理解しつつも、大一番でやりきれない思いが強かったようだ。最後は「勝つために必要なのは得点。ラストパスとかシュートの精度とか、反省しないと」とチームの課題に目を向けた。

12/3(日) 22:20配信 西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00010008-nishispo-socc

続きを読む

【サッカー】<Jリーグ>来年のACL出場3クラブが決定!残り一枠は天皇杯優勝チーム

acl2018
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/30(木) 22:01:40.88

2017明治安田生命J1リーグ第33節が行われ、この結果により、同リーグでのAFCチャンピオンズリーグ2018(ACL)出場クラブ4チームのうち3チームが決定した。日本サッカー協会(JFA)の公式サイトが30日付で伝えている。

 J1リーグ第33節が29日に行われ、川崎フロンターレと浦和レッズが対戦した。川崎は前半に小林悠のゴールで先制するも、後半は防戦一方。しかし、何とか浦和の猛攻を耐え抜き、1-0で勝利を収めている。この結果により、川崎のリーグ2位以上およびセレッソ大阪のリーグ3位が確定した。

 これに伴い、鹿島アントラーズと川崎フロンターレは来年のACLの本大会出場が決定。セレッソ大阪もプレーオフからの同大会出場が確定した。残り一枠は第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会(天皇杯)を優勝したチームに与えられる。

 尚、C大阪は天皇杯の準決勝にも進出しており、仮に同クラブが優勝した場合、ACLは本大会からの出場となる。また、プレーオフにはJ1の4位チームが繰り上がって出場する模様だ。

 ACL 2017は浦和レッズが10年ぶりとなる優勝を決めており、各チームとも来年の大会に向けて闘志を燃やしているはずだ。ACL・グループステージ 組み合わせ抽選会は日本時間の12月6日(水) 17:30よりマレーシアのクアラルンプールで行われることになっている。

11/30(木) 13:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00676126-soccerk-socc

写真

2: 名無しさん 2017/11/30(木) 22:03:18.90

来年は無理だな優勝
鹿島は決勝トーナメントで勝ったこと無いし

続きを読む