【サッカー】<迷走ドルトムントはどこへ行く?>香川真司は不出場…監督はなぜか留任…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドルトムント
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/27(月) 18:55:41.76

11月25日のブンデスリーガ第13節、レヴィア・ダービーは4-4という派手な打ち合いになった。前半はドルトムントが4-0で折り返したものの、後半はエース、オーバメヤンの退場もあってシャルケが4点を取り返すという荒っぽい展開だった。

 ドルトムントのホームで行なわれたこの試合、ムードを盛り上げるためのメインキャラクターとしてクラブが押し出したのは香川真司だった。ホームゲームの際はどの試合でもクラブ公式動画とマッチデープログラムで注目選手の特集が組まれるが、この日のそれが香川だったのには理由がある。香川は過去、ダービーで通算10試合出場、4得点。特に2010年9月19日のアウェーゲームでは、2ゴールを宣言してその通り2得点し、ドルトムントが3-1で勝っている。今でもその大活躍が語り草になっているからこそ、注目選手として取り上げられたのだ。

 だが、ふたを開けてみれば香川は3試合ぶりに出場なし。この日はちょうど日本からの、選手に会える特典付きツアーが行なわれていた。チームは勝てなかったうえに自分は出場機会もなかったのだが、試合後には苦笑いを浮かべながらツアー参加者と交流する会場へと連れられていった。

 香川だけでなく、この日のドルトムントはチームの指示により全選手がメディア対応を行なわなかった。ダービーという大一番で勝ち点1。最近の不調の中では悪くないようにも思えるが、4点を守り切れなかったのはいただけない。最近の状況にクラブが危機感を持っているのは間違いない。

 9月30日のアウクスブルク戦に勝利して以降、10戦して勝ったのは格下相手のドイツ杯のみ。残る9試合はリーグ戦で2分4敗、チャンピオンズリーグで2分1敗と、本当に不甲斐ない結果が続いている。

 当然、注目を集めるのは指揮官の去就だ。先週はドルトムントのレジェンド的な元監督、オリバー・ヒッツフェルトの現場復帰が様々なメディアでまことしやかに報じられた。本人の否定でようやく騒ぎは収まったが、ペーター・ボス監督が辞めるのはいつか、後任は誰になるのかが最大の関心事だった。

 ダービー翌日の26日、ドルトムントではクラブの年次総会が開催された。過去1年間の総括、決算報告や、役員選出などが行なわれる、選手も含めて1000人余りが出席するこの席で、ボス監督について何らかの判断が下されるのではないかとドイツメディアは予測していた。ドルトムントの地元紙ルールナハリヒテンは、わざわざ会議の模様をテキスト中継によってリアルタイムで追ったほどだ。
香川真司は不出場、監督はなぜか留任。迷走ドルトムントはどこへ行く

つづく

11/27(月) 18:41配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00010006-sportiva-socc

2: 名無しさん 2017/11/27(月) 18:55:49.71

だが、結論は何も変わらず、ボス監督は続投することになった。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOはボスとチームに「明確な期待を寄せている」とした。一方、シーズン半ばでドルトムントを去りアーセナルに移籍した敏腕スカウトのスヴェン・ミスリンタート氏(香川を発掘したことで名を上げた)については、「彼を手放すことは痛手で、この1年半の彼への対応は、私のミスだった」と、正直に語っている。

 トーマス・トゥヘル前監督時代は、ヴァツケCEOと監督との不仲がメディアで報じられることが多々あった。だが今回、そういった雑音は聞こえてこない。また香川だけでなく、マルセル・シュメルツァーら主力選手たちは、今でもボス監督への信頼を口にしている。少なくとも昨季、チームの雰囲気が悪くなって、選手が指揮官への不信感をチラつかせたような空気はない。後任が見当たらないという可能性もあるが、このあたりの”円満ムード”が監督解任へと踏み切れない理由のひとつかもしれない。

 客観的に見ると、現在のドルトムントは質の高い選手を揃えているかどうかも疑わしいところがある。10月の代表戦でドイツ代表に選ばれた選手はいなかった。11月の代表戦ではマリオ・ゲッツェただひとり。選手起用の台所事情は厳しく、レヴィア・ダービーでは途中交代で出場したダン・アクセル・ザガドゥのプレーがそのまま失点に繋がっていた。
現状ではベンチを含めて18人全員がクオリティの高い選手であるとは言えないのだ。

 はたしてドルトムントは監督を代えず、テコ入れも行なわず、このままシーズンを突き進むつもりなのだろうか。疑問は尽きない。

3: 名無しさん 2017/11/27(月) 18:56:19.08

トゥヘル戻せ
4: 名無しさん 2017/11/27(月) 18:57:18.65

香川試合出さないとか名将じゃん
9: 名無しさん 2017/11/27(月) 19:00:40.56

日本からのツアーを組んでたから香川が注目選手になってたんだろw
でも監督は自分の進退かかってるから
クラブ側の要請をはねのけてでも香川を外したんだよ
10: 名無しさん 2017/11/27(月) 19:11:18.75

香川使わないって事はこの監督は先が見えてるわ
11: 名無しさん 2017/11/27(月) 19:16:32.28

別に香川がいれば何がやれたって負け方じゃないからなぁ
完全に守備の問題で香川は更に守備出来んし
13: 名無しさん 2017/11/27(月) 19:25:49.92

プレミアでフィジカルでついていけないギュンドアンとムヒとか買い戻せば良い
モデストとかプレミアでポンコツだったのが飛躍出来るんだから楽だよなブンデスって。
15: 名無しさん 2017/11/27(月) 20:20:25.36

代表の移動で疲れてるから仕方ない
この試合も点は入ってるからな
香川居ても失点は減らないし
17: 名無しさん 2017/11/27(月) 20:58:23.36

代表戦後の2試合で懲罰交代だったわけでダービー男と言われてた香川がフルパンキなのは香川自身が原因である

そう言えば「代表戦へ行くと下手糞と一緒にプレーするから香川の調子を狂わされる」とほざいていたカガシン
でも代表戦の影響を受けなかったにも関わらず2試合連続懲罰交代という事実
どうやら香川の実力が足りていなかっただけのようだ
まーたカガシン共の見解が的外れであったことが証明されてしまった

19: 名無しさん 2017/11/27(月) 21:07:12.84

ゲッツェが復活したからもう香川は用無し
20: 名無しさん 2017/11/27(月) 21:09:09.69

>当然、注目を集めるのは指揮官の去就だ。先週はドルトムントのレジェンド的な元監督、オリバー・ヒッツフェルトの現場復帰が様々なメディアでまことしやかに報じられた。

オリバーヒッツフェルト?
オットマーヒッツフェルトじゃなくて?

22: 名無しさん 2017/11/27(月) 21:17:55.47

ライプツィヒの方が育成に貪欲だしもう立場入れ替わってるな
後はどこまで落ちるかだな
25: 名無しさん 2017/11/27(月) 21:40:05.90

遂にドルトムントの時代も終わりか
意外と長続きしたと思うよ
30: 名無しさん 2017/11/27(月) 22:28:05.22

観戦ツアー組んでるのに試合に出ないって内田がよくやってた
怪我してんのにツアー組んでたとかだったかな
42: 名無しさん 2017/11/28(火) 09:59:28.11

>>1
香川が出れないのは実力だろ
47: 名無しさん 2017/11/28(火) 10:40:32.11

近年好調でバイエルンのライバル面してるけど、資金力的にはシャルケとか狼の方とかの差の方が小さい訳でして

徐々にそれ相応の地位に戻ってきただけよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加