【サッカー】岡崎先発 レスターがトッテナム下し4戦ぶり勝利

レスター
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/29(水) 08:03:58.60

レスター、4戦ぶり勝利はトッテナムから…岡崎は先発出場/プレミアリーグ第14節
Goal

岡崎は献身的な守備で勝利に貢献。風向きは変わるか。

■プレミアリーグ第14節 レスター 2-1 トッテナム

レスター:バーディー(13分)、マフレズ(45分)
トッテナム:ケイン(79分)

プレミアリーグ第14節が28日に行われ、レスター・シティとトッテナムが対戦した。

3試合勝利がないレスターは岡崎慎司がスタメン。一方のトッテナムはハリー・ケインがスタメンで、長期離脱を強いられていたエリック・ラメラがベンチ入りしている。

試合はスーパーゴールでスコアが動く。13分、マーク・オルブライトンが左サイドでボールを持つと、右足で裏へと送る。これを抜け出したジェイミー・バーディーがダイレクトでシュート。ボールはGKウーゴ・ロリスの頭の上を越え、ネットに刺さった。

さらに前半終了間際、カウンターからリヤド・マフレズがカットインすると、得意の左足でファーへと流し込み、レスターがリードを2点に広げる。

後半に入ると、ペースはよりトッテナムの方へと傾く。ソン・フンミン、フェルナンド・ジョレンテ、ラメラと攻撃的な選手を続けざまに投入すると、交代策が実る。79分、ソン・フンミン、ラメラとつなぐと、最後はケインがゴール右からニアを豪快に射抜き、ついに1点を返す。

しかし、その後はカスパー・シュマイケルを中心にレスターがゴールにカギをかけ、トッテナムはあと一歩のところでスコアをタイにはできず。レスターが前半のリードを守りきり、4試合ぶりの勝利を手にした。先発出場した岡崎は83分までプレーしている。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/leicester/pyg1q50ptqsr1lgobyx6xngb9

続きを読む

【サッカー柴崎岳との噂はガセだと判明】桐谷美玲、2年連続FIFAクラブW杯キャスターに就任!「世界一の大会の感動と緊張感を皆さんに」

W杯キャスター
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/29(水) 05:30:25.13

日本テレビは12月6日に開幕するFIFAクラブワールドカップUAE2017のキャスターに桐谷美玲さんが就任したことを発表した。桐谷さんがキャスターを務めるのは昨年大会に続いて2度目。

 桐谷さんはキャスター就任に際し、以下のようにコメントを寄せている。

「昨年に続き、クラブワールドカップのキャスターを務めさせていただくことになり、とても光栄に思います。プライベートでも、会場に応援に行っていた大好きな大会なので、嬉しいです。昨年は日本の鹿島アントラーズとスター軍団のレアル・マドリードが決勝で対戦するという大興奮の試合をお伝えすることが出来ました。あの会場の空気、そして感動と興奮は今でも忘れられません」

「今大会は昨年に続き、ヨーロッパ王者としてレアル・マドリードが出場しますし、北中米王者・パチューカには本田圭佑選手もいるので、とても楽しみです。そしてアジア王者として浦和レッズが出場するので、是非世界一に向けて頑張ってもらいたいです!世界一の大会の感動と緊張感を、
皆さんにお伝えできるように精一杯頑張ります!」桐谷さんは趣味でサッカー観戦を挙げるほどのサッカー好きで、出身地・千葉県が本拠地のジェフユナイテッド千葉の試合を観戦に行くなどしている。

 日本テレビは同大会を日本テレビとBS日テレで生中継予定となっている。

【大会/放送スケジュール】
・12月6日
【M1】開幕戦<BS日テレ 25:30~>
アルジャジーラ(開催国王者)vsオークランド・シティ(オセアニア王者)

・12月9日
【M2】準々決勝<BS日テレ 21:30~>
パチューカ(北中米カリブ王者)vsウィダード・カサブランカ(アフリカ王者)

【M3】準々決勝<日本テレビ(関東ローカル) 25:11~/BS日テレ25:00~>
【M1】勝者vs浦和レッズ(アジア王者)

・12月12日
【M4】5位決定戦<BS日テレ 22:50~>
【M3】敗者vs【M2】敗者
                 
【M5】準決勝<日テレ系全国ネット 25:39~>
南米王者(11月29日決定)vs【M2】勝者
                  
・12月13日
【M6】準決勝<日テレ系全国ネット 25:39~>
【M3】勝者vsレアル・マドリード(ヨーロッパ王者)
                  
・12月16日
【M7】3位決定戦<日テレ系全国ネット 22:54~>
【M6】敗者vs【M5】敗者
                 
【M8】決勝<日テレ系全国ネット 25:35~>
【M6】勝者vs【M5】勝者

http://news.livedoor.com/article/detail/13954462/

続きを読む

【サッカー】ドルトムント、ボス監督続投を決断…13試合で2勝も後任見つからず

ドルトムント
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/27(月) 13:38:05.87

ドルトムントがピーター・ボス監督の続投を決めたようだ。『ビルト』などドイツ各メディアが報じている。

ドルトムントはここまで不振に喘いでいる。クラブワーストの成績でチャンピオンズリーグ・グループステージ敗退が決まると、25日に迎えたシャルケとの
ダービーでも4点リードから追いつかれる大失態。公式戦ここ13試合でわずか2勝となっている。

しかし、後任が見つからなかったことを理由に続投が決定的となったようだ。クラブのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは26日に行われたミーティングの結果を以下のように語っている。

「皆が思っているとおり、非常に悪い状態だと感じている。こんなシーズンは経験したことがないが、問題は特別な解決法がないということだ。
指揮官が今週あらゆることを精査し、問題を取り除くという期待を持っている。すぐに正しい道に戻る必要がある」

次節は12月2日にレヴァークーゼンと対戦するドルトムント。長いトンネルから抜け出すことはできるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000061-goal-socc

続きを読む

【サッカー】<オーウェン氏>ついに騎手デビューへ「緊張しているが、興奮している」

マイケル・オーウェン
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/25(土) 00:21:04.57

元イングランド代表のマイケル・オーウェン氏(37)が、24日にロンドンにあるアスコット競馬場で行われるチャリティーイベントで、騎手デビューすることが分かった。『RACING UK』が伝えている。

 オーウェン氏は無類の競馬好きとして知られ、現在は馬主としても活躍。共同馬主として所有したブラウンパンサーは、2014年のアイリッシュセントレジャーを制した。また過去には2013年の有馬記念でオルフェーヴルが圧勝した際にツイッターに投稿した「言葉が見つからないよ。なんて馬なんだ」というメッセージが、日本でも話題を集めた。

 2013年に現役を引退したオーウェン氏だが、同メディアに対して「レースが近づくにつれて緊張しているけど、興奮もしている」とワクワクを抑えきれない様子でコメント。「競馬は大好きだが、騎乗はこれっきり」ということだが、「参加できることが嬉しい。うまくフィニッシュラインを越えたいね」と意気込みを語っている。

 24日のチャリティーレースは芝1400mのレースになるという。オーウェン氏は通算27戦4勝の実績を持つカルダープリンス(セン4)に騎乗する。

11/24(金) 21:27配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-01646709-gekisaka-socc

続きを読む

【サッカー】「これはサッカーではない」、氷点下15度での試合開催にロシア国内で非難殺到

ロシア・プレミアリーグ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/24(金) 17:25:25.94

「これはサッカーではない」、氷点下15度での試合開催にロシア国内で非難殺到
2017年11月22日 16:30 発信地:モスクワ/ロシア
http://www.afpbb.com/articles/-/3152435?act=all

ロシアの極東ハバロフスクで行われたロシア・プレミアリーグ、SKAハバロフスク対CSKAモスクワの試合で、ベンチに座り戦況を見守るCSKAモスクワの選手。Sputnik提供(2017年11月18日撮影)。(c)Sputnik/Igor Onuchin

【11月22日 AFP】ロシアサッカーでは今季、極東のハバロフスク(Khabarovsk)に本拠地を置くSKAハバロフスク(SKA Khabarovsk)がプレミアリーグ(1部)に昇格した。
しかし、リーグ首位のロコモティフ・モスクワ(Lokomotiv Moscow)とハバロフスクとのアウェーゲームが近づく中、
国内では今、代表にも名を連ねるロコモティフの選手を守るためにも、極寒のハバロフスクでの試合は延期すべきだという声が広がっている。

 現在リーグ首位のロコモティフは27日、8個のタイムゾーンをまたいだ地で最下位のハバロフスクと対戦する。ハバロフスクのプレミア昇格は今季が初めて。
しかし、代表チームが6月から開催されるロシアW杯(2018 World Cup)に備える中で、この昇格が国内の強豪クラブにとって予期せぬ頭痛の種となっている。
現在のロシア代表は4人が代表候補に入っているロコモティフを含め、ほぼ全員が国内組で占められているからだ。

 下院副議長で、ロシアサッカー協会(RFU)の執行役員も務める熱烈なスポーツファンのイゴール・レベデフ(Igor Lebedev)氏は、
各チームが世界最大の国土の反対側まで遠征し、北極のような気候の中でプレーしなければならないのは「茶番」だと話し、
「きたるSKAハバロフスク対ロコモティフの試合は、ロシアサッカー全体にとっての茶番だ。選手にとっても、ファンにとってもいいことは一つもない」と語った。

ロシアの極東ハバロフスクで行われたロシア・プレミアリーグ、SKAハバロフスク対CSKAモスクワの試合で、握手を交わす両チームの選手。

ロシアの極東ハバロフスクで行われたロシア・プレミアリーグ、SKAハバロフスク対CSKAモスクワの試合で、負傷によりピッチから運び出されるCSKAモスクワの選手。

続きを読む

【サッカー】ACLベストイレブンをAFCが発表! 優勝の浦和から0人で、準優勝のアル・ヒラルからは最多選出…

acl
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/28(火) 16:09:53.60

11/28(火) 15:06配信
ACLベストイレブンをAFCが発表! 優勝の浦和から0人で、準優勝のアル・ヒラルからは最多選出…

 アジアチャンピオンズ・リーグ(ACL)は、浦和レッズの10年ぶり2度目の戴冠で幕を閉じた。その歓喜の瞬間から2日が経った11月27日、アジアサッカー連盟(AFC)は今大会のベストイレブンを発表している。
 
 驚くべきは、その11人の中に浦和のメンバーが一人も選出されていないこと。大会MVPに選ばれた柏木陽介はもちろん、決勝の2試合で2ゴールをマークしたラファエル・シルバや、キャプテンとしてチームを牽引した阿部勇樹や闘志あふれる守備を見せた槙野智章の名前もなかった。
 
 その一方で、準優勝に輝いたアル・ヒラルからは決勝の第2レグを欠場したカルロス・エドゥアルドや大会得点王に輝いたオマル・ハリビンなど最多の4人が選ばれた。その他には8月に広州恒大からバルセロナへ移籍したブラジル代表MFのパウリーニョなどが選出されている。
 
 いずれにしても優勝チームであり、今大会のフェアプレー賞も獲得した浦和のメンバーの名前が記されていないことには疑念を抱かざるを得ない。AFCの選考基準は定かではないが、この11人が本当に“ベスト”イレブンと呼べるのだろうか。
 
以下、AFCが発表した2017年のACLベストイレブン
 
【GK】
ヤシル・アル・ムサイリム(アル・アハリ)
 
【DF】
モハンメド・アルブライク(アル・ヒラル)
オサマ・ハウサウィ(アル・ヒラル)
フォン・シャオティン(広州恒大)
ホセイン・マヒニ(ペルセポリス)
 
【MF】
オマル・アブドゥラフマン(アル・アイン)
パウリーニョ(広州恒大→バルセロナ)
アラン(広州恒大)
カルロス・エドゥアルド(アル・ヒラル)
 
【FW】
オマル・ハルビン(アル・ヒラル)
フッキ(上海上港)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171128-00033094-sdigestw-socc

続きを読む

【サッカー】ドイツ、ブンデスリーガ:ゲッツェ、足首負傷で前半戦絶望…代謝障害から復帰し今季リーグ戦10試合に出場[17/11/28]

ゲッツェ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/28(火) 10:54:28.60

ゲッツェ、足首負傷で前半戦絶望…代謝障害から復帰し今季リーグ戦10試合に出場
2017年11月28日(Tue)7時40分配信 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2017/11/28/post243407/

ボルシア・ドルトムントのマリオ・ゲッツェ【写真:Getty Images】

公式戦6試合連続で勝ちがないボルシア・ドルトムントに更なる試練となりそうだ。

現地時間27日、ドルトムントは公式ツイッターで同クラブに所属するドイツ代表MFマリオ・
ゲッツェが右足首靭帯の部分断裂をしたと発表した。全治は約6週間でリーグ前半戦での復帰は絶望的となった。

ゲッツェは現地時間25日に行われたブンデスリーガ第13節ホームでのシャルケ戦に先発出場したが相手選手と交錯し同箇所を負傷し78分に途中交代した。

25歳のゲッツェは今年2月に“代謝障害”と診断されチームから離脱してしまい昨季公式戦わずか16試合の出場にとどまった。それでも今季はプレシーズンからチームに帯同し開幕戦でスタメン出場を果たすとこれまでリーグ戦10試合に出場していた。

現地時間12月2日に行われるブンデスリーガ第14節のレバークーゼン戦では靭帯帯断裂の怪我でリハビリ中のMFマルコ・ロイスをはじめシャルケ戦で退場となったFWピエール=エメリク・オーバメヤンも出場停止ため試合には出られない。そこに復調してきたゲッツェの欠場はチームにとって大きな痛手になりそうだ。

続きを読む

【サッカー】<加地亮(ファジアーノ岡山)>引退会見「幸せなサッカー人生だった」今後は「かっこよく言えば、青年実業家」

加地亮
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/11/28(火) 05:57:10.04

今季限りでの引退を表明したサッカー元日本代表DF加地亮(37)が27日、所属するJ2岡山のクラブハウスで引退会見を行った。

 加地は引退を決断した理由を「自分が思うようなプレーができなくなった。今年の夏にケガをして2カ月くらい休んで、復帰したあとは頭で思っていることと体が一致しなくなった。そういうことが一番大きい」と語り、「必死に走ってきた20年。幸せなサッカー人生だった」と20年間の現役生活を振り返った。

 今後については「かっこよく言えば、青年実業家」とニヤリと笑い、「嫁がやっているカフェを一緒にやろうと思っています」と、大阪で妻が営む飲食店の経営に参加する考えを披露。当面はサッカーから完全に離れる予定で「全然違う職種だけど、サッカーも飲食店も人に喜びを与えて、笑顔になってもらうという点では似ている。すごくやりがいがある」と第二の人生への思いを語った。

 兵庫県出身の加地は、滝川二高から1998年にC大阪入り。その後、大分、FC東京、G大阪に在籍し、06年には日本代表としてW杯ドイツ大会に出場した。14年には米国でのプレーも経験。帰国後の15年に岡山に加入した。

 9年間在籍したG大阪時代を振り返り、「同年代に遠藤(保仁)や橋本(英郎)、播戸(竜二)とか、群を抜いて僕よりうまい選手がいて、技術を盗みたいと思ってやっていた。それが成長につながった。ありがたかった」と感謝。3年間プレーした岡山については「全員がJ1昇格を信じて、そこを目指して戦っている。サポーターのみなさんが温かく応援してくれて、背中を押されたし、パワーをもらった。感謝しかない」と柔和な笑みを浮かべながら話した。

11/27(月) 15:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000084-dal-socc

写真

続きを読む