【サッカー】ベンゲル解任論過熱か?低調アーセナルがクリスタル・パレスに完敗、トップ4陥落が現実味

アーセナル
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/04/11(火) 07:29:43.66

[4.10 プレミアリーグ第32節 クリスタル・パレス3-0アーセナル]

 アーセナルは10日、プレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスのホームに乗り込み、0-3で敗れた。
これにより、アーセン・ベンゲル監督の解任論が過熱するかもしれない。

 前節ウエスト・ハムに勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした5位アーセナルは、同じ11人を起用し、16位クリスタル・パレス戦に臨んだ。
予想に反して、立ち上がりから攻め込まれ、前半9分のMFモハメド・エルネニーの決定機をGKウェイン・ヘネシーのファインセーブに防がれると、
17分に先制を許す。PA右からMFウィルフレッド・ザハが折り返したボールをMFアンドロス・タウンセンドに右足で流し込まれた。

 厳しい立ち上がりとなったアーセナルは、FWアレクシス・サンチェスを中心に反撃を開始するが、攻めあぐねる場面が目立つ。
後半15分には、MFアーロン・ラムジーとFWオリビエ・ジルを投入したが、
直後の18分にザハの折り返しをMFヨアン・キャバイエに決められ、点差を2点に広げられた。

 低調なパフォーマンスが続くアーセナルは後半22分、タウンセンドを第3GKエミリアーノ・マルティネスが倒してしまいPKを献上。
これをMFルカ・ミリボイェビッチに決められ、まさかの3失点目を喫した。
最後の交代カードでMFアレックス・オクスレード・チェンバレンを入れたが、最後までクリスタル・パレスの守備を崩せないまま、
0-3でタイムアップを迎えた。
『ESPN』によると、アーセナルはボール支配率72%、シュートは相手より6本少ない11本に終わり、枠内には3本しかいかなかった。

 この敗戦により、アーセナルは6位に転落。4位マンチェスター・シティとの勝ち点差が『7』に広がり、
1995-96シーズン以来、21シーズンぶりのトップ4陥落に現実味が帯びてきた。
ベンゲル監督は新たに2年契約を結ぶと報じられているが、サポーターからの解任要求が過熱することは間違いないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-01638640-gekisaka-socc
最終更新:4/11(火) 7:27

続きを読む

【サッカー】グアルディオラがシーズン開始1週間で気づいたマンチェスター・Cの問題点とは?

ジョゼップ・グアルディオラ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/04/09(日) 17:43:36.90

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はチームの大きな問題に最初の1週間で気づいたという。

マンチェスター・Cは2016-17シーズン、チャンピオンズリーグ出場権獲得を狙える位置につけている。
しかし一方で、首位のチェルシーとは大きな勝ち点差があり、プレミアリーグ優勝は現実的ではない。
タイトルを争えなかった要因をグアルディオラは「エリア内での決定力が十分でない」ためと考えているが、
シーズン最初の週、すでに兆候に気づいていたという。

「チャンピオンズリーグの予選におけるステアウア・ブカレスト戦で6-0の勝利を納めたが、あの試合は12-0であるべきだった。
我々は2つのPKを失敗し、たくさんのチャンスを逃した。
本戦出場を決めるのが一番のターゲットだったから嬉しかったが、その後の戦いで、
本当に良い試合ができないと試合に勝てないとわかったんだ。
我々はチャンスを作れるが、ゴールを決めることについては問題があった。
特にビッグゲームで、我々は悪くなかったが十分ではなかった。正直になる必要がある。プレミアのタイトルを争うには力が足りない」

それでもグアルディオラは「(敗れた)チェルシー戦後はがっかりした。しかし、改善するために取り組んできたことを見ることもできた。
だから今シーズンを楽しめている。そしてまだやるべきことは残っているよ。
チャンピオンズリーグはとても大事で出場権を獲得できれば成功だと個人的には考えている。
それにFAカップも残っているしね」と、リーグ戦のタイトルは絶望的であっても前向きに残りのシーズンを戦う意向を示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-00000020-goal-socc

続きを読む

【サッカー】ジェコが今季公式戦33得点目! ローマ&ラツィオ、コッパを前にそれぞれ勝利/セリエA

エディン・ジェコ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/04/02(日) 15:34:59.58

イタリア・セリエAは現地時間1日(以下現地時間)に第30節の2試合が行なわれ、2位ローマは17位エンポリに2対0と勝利。
4位ラツィオは15位サッスオーロに2対1で競り勝ち、2日後のコッパ・イタリア準決勝で対決する両者がそれぞれ白星を挙げた。

 ローマは12分、CKからリューディガーがフリックしたボールをジェコが押し込み先制する。
その後、56分にもサラーが頭で折り返したボールにジェコが詰めて追加点。
ローマはホーム戦15試合で14勝と、本拠地オリンピコを要塞化している。

 なお、この日2ゴールを挙げたジェコは今季公式戦33得点、リーグ戦では23点を挙げて得点ランクトップを走っており、
キャリアハイペースでゴールを積み重ねている。

 そのジェコは「及第点の試合だった。たぶん、僕らの気持ちはもうダービーの方に向いていたんだろう。
でも、僕らは本分を尽くし、勝ち点3を得た。コッパではファーストレグの0対2をひっくり返さなくてはならないから、難しい。
でも僕らには力がある」と語っている。

 敵地に赴いたラツィオは26分にPKを与えて失点。しかし、42分にインモービレのゴールで同点に追い付くと、
83分には相手のオウンゴールで逆転し、チャンピオンズリーグ(以下CL)出場圏内浮上に向け、貴重な勝ち点3を獲得した。

 これにより、CL圏内の3位ナポリに暫定ながら3ポイント差と迫ったラツィオ。
ナポリは翌日、首位ユヴェントスと対戦するが、試合後、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督は「ユヴェントスを応援するかって? 
2日後にはローマとの難しいダービーがあるからほかの試合を真剣には見ないよ。
ナポリのことを考えるのは、水曜以降だ」とコメント。
4日のコッパ準決勝セカンドレグに集中していると話した。(STATS-AP)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00000015-ism-socc

続きを読む

【サッカー】仏の新星、アンリ二世 モナコのFWキリアン・ムバッペ 18歳95日で代表デビュー。争奪戦はマンUがリード?

キリアン・ムバッペ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/03/26(日) 20:20:06.44

モナコのFWキリアン・ムバッペが、18歳95日でフランス代表デビューを飾った。

フランス代表は現地時間25日、ワールドカップ欧州予選でルクセンブルクと対戦し、3-1の勝利を収めている。
この試合の78分にビッグクラブが注目するムバッペが途中出場でA代表デビューを果たした。

今冬最高額はブラジル代表MFの73億円、16/17冬の移籍金トップ10

ムバッペはリーグアンのモナコでゴールを量産中の若手で、元同国代表のティエリ・アンリ氏と比較されることがしばしばだ。
今回初めてA代表に招集されると、早速出場の機会を与えられている。

驚異的なスピードで一流選手への階段を上っているムバッペ。
18歳と95日でのデビューは、フランス代表にとって1955年以降最年少とのこと。
『opta』によると、1955年にマリャン・ウィスニウスキ氏が18歳と61日で代表デビューを飾っている。

ムバッペにはレアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、チェルシー、アーセナルといったビッグクラブが関心を示している模様だが、
英『サンデー・エクスプレス』はマンチェスター・ユナイテッドが争奪戦をリードしていると伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170326-00010018-footballc-socc
フットボールチャンネル 3/26(日) 16:00配信

続きを読む

part8

赤髪
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/03/18(土) 22:43:33.22

明治安田生命J1リーグ第4節でFC東京と川崎フロンターレが対戦し、FC東京が3-0で勝利を収めた。
試合後、DAZNで解説を務めた戸田和幸氏が試合を総括した。

29回目を迎えた“多摩川クラシコ”。
試合前、両サポーターによるコレオを絶賛した戸田氏は、
チームの成熟度は川崎Fの方が上だが、AFCチャンピオンズリーグ(AFC)のアウェイゲームから
中3日の日程に「疲労がある」と指摘する。実際にFC東京が序盤から主導権を握る。
この要因として「FC東京は4-4-2のスリーラインを維持して守備できている。
川崎Fは、それを打開できなかった」と分析する。
前半は0-0で終えたが、両チームの走行距離を比べるとFC東京が3キロ上回っているというデータが表示され、
「これは相当な差ですよ」と川崎Fのコンディションに懸念を示した。

そうした中、後半にFC東京がオウンゴールで先制。
GKチョン・ソンリョンのミスを誘発したFW阿部拓馬について「スペースへの入り方がうまかった」と評価した。
2点目はFWピーター・ウタカのゴール。これは「ボールが入った時点で勝負あり」と、
左サイドからクロスを上げたDF太田宏介をたたえた。3点目は大久保嘉人がゴール。
ここではパスを出したウタカに触れ、そのフィジカルの強さを称賛した。

試合を終え、戸田氏は「コンディションの違いはあったと思いますけど、それ以上に、
FC東京は守備から強く入りました。そして速い攻撃で主導権を握った。あとは役者が仕事をした。
FC東京の気持ちの部分、インテンシティ、攻撃の速さは印象に残った」とFC東京の勝因を分析。
一方、川崎Fについては「(前節の)柏レイソル戦、ACLに比べて、体が重たかった。疲労は否定できない」と指摘する。
それを裏付けるように、試合終了時の走行距離の差は、8キロまで広がっていた。

また、ウタカについては「コンディションは良さそう、阿部や大久保に比べて守備ができるか。
監督が組み合わせを見ながら競争させるのだろう」と言及。
日本代表に選出された髙萩洋次郎については「これまでで最も展開力を出せた」と高い評価を与えた。
そして川崎Fの課題として「小林悠はいるが、ストライカーの部分、大久保の抜けた穴を感じる」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000029-goal-socc
戸田和幸氏写真出典:www.elle.co.jp

続きを読む

【サッカー】バイエルンのシャビ・アロンソが現役引退を表明…リヴァプールで奇跡のCL制覇を達成

シャビ・アロンソ
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/03/09(木) 19:57:29.50

また一人の名手がピッチから去る――。

バイエルン・ミュンヘンに所属する元スペイン代表MFのシャビ・アロンソが現役引退を発表した。自身のツイッターで明かした。

「フットボールを愛し、フットボールのために生きた」

「さようなら」

X・アロンソはコメントとともに、スパイクを持ってサヨナラのポーズを取った写真を掲載。現役生活に別れを告げる宣言を行った。なお、引退の時期に関しては明らかになっていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010008-goal-socc

続きを読む

【サッカー】<吉田麻也(サウサンプトン)>リーグカップの大会ベストイレブン!3回戦から準決勝まで全試合無失点に貢献

吉田麻也
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/02/27(月) 09:47:40.86

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、イングランド・リーグカップの大会ベストイレブンに選ばれた。同大会の公式サイトで紹介されている。

 リーグカップは現地時間26日に決勝が行われ、サウサンプトンを下したマンチェスター・ユナイテッドが7年ぶり5度目の優勝を果たした。

 決勝に先立ち、大会で目立った活躍を見せた「チーム・オブ・ザ・トーナメント」が発表されており、この中に吉田が入っている。

 3回戦から決勝までフル出場を続けた吉田について同サイトは、「2-0で勝利したクリスタル・パレス戦でディフェンスラインに入り、サンダーランド戦、アーセナル戦、そしてリバプール戦2試合とフル出場。その間、セインツのディフェンスラインは破られることがなかった」と記した。

 リーグカップの「チーム・オブ・ザ・トーナメント」は以下のとおり。

◆GK
マルコ・シルベストリ(リーズ)

◆DF
トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)
ハリー・マグワイヤ(ハル・シティ)
吉田麻也(サウサンプトン)
マッティ・ピアソン(アクリントン・スタンリー)

◆MF
ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)
アンデル・エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)
モハメド・ディアメ(ニューカッスル)
アレックス・オックスレイド=チェンバレン(アーセナル)

◆FW
タミー・アブラハム(ブリストル・シティ)
ダニエル・スタリッジ(リバプール)

◆監督
クロード・ピュエル(サウサンプトン)

フットボールチャンネル 2/27(月) 7:20
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170227-00010009-footballc-socc

写真

続きを読む

part7

赤髪
1: 名無しさん@赤髪・黒vivi 2017/02/15(水) 17:48:46.04

元日本代表MFで、現在は解説者として活躍する戸田和幸氏が古巣トッテナムの練習場を訪れ、コーチになる勉強をしていることを語っている。クラブの公式チャンネル『スパーズTV』が伝えた。

戸田氏は2003年にトッテナムでプレミアリーグデビュー。当時のデビュー戦について「後半の最初から出場しました。とても緊張して、興奮する余裕はなかったですね。多くの素晴らしい選手たちとともにプレーできたのは最高の思い出です」と流暢な英語で振り返っている。

「イングランドのサッカーでどのようにプレーすべきかということを学び、サッカー選手として一人の人間としても多くのことを知ることができました。そして今、指導者になってここに帰ってきたんです」と語る戸田氏。先日、指導者のS級ライセンスを取得し、プロクラブの監督を務めることも可能だが、本人は時期尚早だと感じているという。

「監督になるのはまだ早いと思っています。指導者に関して、より多くのことを学ばなければなりません。ここに来たのは(マウリシオ)ポチェッティーノ監督が理由です。彼は現在のヨーロッパで最高の監督の一人だと思います。練習は二度しか見られなかったですが、とても感銘を受けました」

今でもトッテナムのサポーターであると語る戸田氏は、「いつか監督としてヨーロッパに戻ってきたい」と自身の大きな目標を力強く口にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000020-goal-socc
戸田和幸氏写真出典:www.elle.co.jp

続きを読む